FC2ブログ

七転び八起き

札幌でトリックスラローム・フリースタイルスラロームをやっている、オッチャンの日記。

04月13日滑降日誌(パドル試乗会inキロロ

今日も晴天の北海道
昨日はスキーには行きませんでしたが、さすがにこんな春スキー日和の週末に1日も滑らない訳にはいきません。
キョウコのケガの具合は順調に回復しているものの、さすがに今週末はDr.STOPが掛かってます。

今日はホームのキロロで、パドルクラブの試乗会が開催されることもあり、私一人で朝からキロロに行ってきました

キロロに到着してゲレンデに出ると、リョウさん&アツシさんとバッタリ
試乗会開始まで、3人でクルージング

ゴンドラ山頂駅もピーカンで、余市岳がキレイに見えます

当然パウダーは期待してなかったのですが、金曜日の夜に少し降ったのか、激重とはいえコース脇には15cmほどの新雪が残ってました

二人とも、ファットで参戦なので、悪雪もモノともせずにカッ飛んで行きます

JJ乗りのアツシさん、イイスプレー上がってますよ


荒れたバーンも飛ぶようにカッ飛んでいくリョウさん。
私にはこのスピードは無理ですわ

得意の、オープンも披露してくれました


私は試乗会もあるので、軽いSnoopDaddyを持ってきていたのですが、こんなことならBACONにするべきだったかな?

と言っている内に試乗会も始まりました。


板を選んでいるときに、Suu父さんも合流。以降4人で滑ってました。

話題のBentChetlerを試すSuu父さん。乗りやすいと好印象でした。

さてこれからは、いつもの偏見インプレです。参考にされる方は、自己責任でおねがいします

<FISCHER>
RANGER96(186cm 132-96-120 R24)


前回テイネでのったHANNIBALがイマイチだったのですが、名機WATEAの後継はコチラということだったので、早速試乗

結果は....イマイチ....

ビシっとしたテールカットされたモデルなのですが、どうも整地で切れてるような気がしません。
それどころかクルッと回ろうとしてしまうほどです。
Rも24mあるようには思えない板でした。

悪雪ではHANNIBALのような極端な詰まり感はないものの、どうも扱いづらかったです。
これなら、前のWATEA96の方が良かったなぁ

<ARMADA>
INVICTUS(188cm 138-108-128 R26.5)


新シリーズのモデルの様です。
ネットで調べると従来のARVtiを、ツアー向けにアレンジしたようです。
ツインチップ形状ですが、テールにはシール固定用の段も付けられています。
形状は、JJやTSTの様なツチノコ形状ではなく、オーソドックスなパーク系な感じ
メタルが入っているようですが、試乗機には最重量級のDUKEが付いているにもかかわらず、そんなに重く感じなかったです。

そして肝心の滑りは....
イイっす
R26もあるとは思えないほど、整地ではキビキビと動いてくれます。
悪雪バーンでも、メタルのおかげか足下が安定していて、操作が楽です。
K2でのHARDSIDEやSIDESTATHをイメージすると近いかな?
ARMADAらしからぬシッカリした乗り味ですが、板の動きはARMADAらしく軽快で気持ちイイです。

来期はBCモデルとしてDeclivityやKUFOというモデルもでるようなので、チョットARMADAも候補に入れないといけないかも

<MOMENT>
DEATHWISH(184cm 138-112-129 R25)


一通り候補の板には乗ったもののまだ時間もあったので、お勧めとして紹介された板。
モデルは去年と同じようですが、特徴的なのは『トリプル・キャンバー』という形状

写真じゃ判りにくいかもしれませんが、ヒールピースより後ろ側にもう一段キャンバーがあります

乗った感じは、最初はチョット板の挙動が判りづらくて苦労しましたが、慣れてくると太さの割には軽快に動くいたかと思います。
例のテール側のキャンバーのおかけが、ファットの割には小回りも楽に行えます。

ただ全体的には重さも感じられ、物欲は刺激されませんでしたね。


<FISCHER>
S-bound98(179cm 98-69-88 R不明)


試乗会でのインプレは、3本で終了
これは知り合いからお借りしたテレ板です。

特徴はズバリソールに刻まれたウロコ

俗に言うステップソール(ウロコ板)です

テレを初めて、その軽快さからステップソールへの興味もわいたので、お借りして滑ってみました。
試乗会で、すっかりアルペン足になっていたので、まずは長峰第1の緩斜面を滑って、自分自身をテレモードに切り替え

その後ゴンドラに乗って、山頂駅から余市岳に向かってチョット歩いてみました


上はそれなりに気温も低いので、そこらじゅうにシュカブラが出来てます。


結構クラストしてましたが、普通に歩く分にはサクサクと歩いて登っていけます


20分ほど歩いて終了


登坂能力ですが、アイスバーンは当然ウロコは効きませんし、やはり急坂はシールのほうが分があるでしょう。
でも、比較的平坦なコースであれば、サクサクと軽快に遊べそうです。
去年行った五色温泉辺りの散策には良さそうですね。

そして下りのテレマークスキーとしての実力ですが、これは私の技量不足もあるので、ちゃんとしたインプレはできません。
ただ、滑りの悪いステップソールのせいか、足の送りがイメージよりもチョット遅れ気味だった気がします。

ということで、こんな感じで14:30まで滑って終了。みなさんお疲れ様でした。
おかげさまでいい天気の中、終始楽しく滑れました

ちなみに一緒に試乗会で滑った人達のお気に入り
Suu父さん:LINE MAGNUM OPUS(軽いのにシッカリと滑れて、楽しい)
リョウさん :LINE BACON(噂通り、乗りやすくて気持ちイイ板です)
アツシさん :あれ?どうでしたっけ?(4FRONTのHojiやAtomicのBentChetlerも好印象でしたよね。)





空はスッカリ春めいてました。
そろそろスキーシーズンも終了間近ですかね?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する