七転び八起き

札幌でトリックスラローム・フリースタイルスラロームをやっている、オッチャンの日記。

02月24日滑降日誌(チセBC)

今日はチセヌプリへ行ってきました。

というのも、昨年・今年と参加したパドルクラブのパウダーツアーでご一緒したISDさんとキョウコが、BCの話題で意気投合。
一度一緒に行ってみますか? とのお言葉に甘え、初心者向けのチセヌプリに連れて行って貰う事になりました。

朝8:30チセヌプリ着


9時のオープンと同時にリフトに乗ります
この日の天気は曇り時々雪、山頂近辺が強風のためリフトは減速運転のようです。

いざリフトで登ってみると、チセヌプリの姿は全く見えず..

コッチの方に見えるはずなんだけどねぇ~

仕方ないので、足慣らしがてらゲレンデを滑ります。

チセは去年の春にNGSAで行っているのですが、真冬は初めて。
ゲレンデ内もそこそこパウダーが乗っていて、基本スネパウでした

チョット林間に入るとヒザ下までたまっている所もあり、ゲレンデ内でも十分楽しいところです

キロロやテイネでも見せた華麗な滑りで降りてくるISDさん


今日のキョウコはBC用に、昔使っていたチョット大きめのモンベルのウェアです


10時になると他のBCパーティーも増え、天気も安定してきたようなので、私たちもチセヌプリに向かい登行開始


真冬のシール登行は、先月の深雪アカデミーのオフ会で経験済みですが、今日はピークを目指しての登坂がメイン

シールが耐えられるまで、基本直登の男前なISDさん
ぐんぐん高度を稼ぎます。

登坂を開始してから約40分
天候の回復を期待しながらの登坂でしたが、残念ながら上に登るほど視界は悪くなってきます
途中休憩したものの、キョウコが斜面でチョット足を取られ苦戦した所で、視界もホワイトアウト気味になってきた事もあり、ココでピークは諦めて滑り降りる事にしました


シールを外して滑降の準備をする訳ですが、急斜面での準備って大変ですね


ISDさんの板はK2のBACKDROPにTLTビン
軽量でBCにうってつけですが、やっぱり急斜面ではTLTも着けづらそうです


いざ滑降ですが、やっぱり視界が悪くユックリ確かめるように、安全第一で高度を下げます


視界が開けてきたところで一気に滑り降ります。

視界は悪かったですが、雪は軽くて気持ち良かったですよ~

下まで降りきったところで振り返ってみると、ほんちょっとチセが顔を覗かせてました

あとでGPSのログを見ると、半分以上登っていたんですね。
もうあと30分も登ればピークだったようですが、まあ仕方ないですね

一旦雪秩父まで下りて食事。
午後からは、再び林間メインでパウダーハントです


まあヒラフなどもそうですが、コース間の林間にロープは張っていないので、好きなだけ入れます。
それに林間もそれほど密ではないので、とても滑りやすかったです。





途中パウダーを求めてコース脇の尾根までトラバースすると、なかなか良い具合の斜面がありました




お見事としか言えませんね




キョウコも頑張ります

今回はISDさんもビデオ持参で、私たちの滑りを撮っていただいてました。

特に私の動画は貴重なので、うれしいです。

とこんな感じで15時まで滑って終了
ISDさん、BC初心者の私たちを連れて色々と大変だったかとも居ますが、おかげで楽しく滑る事ができました。

本当にお世話になりました。ありがとうございます。

さてりぶ家にとっては、BCを楽しむにあたり、色々と課題も見えました。
まだまだ精進が必要なようです
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした!
動画も楽しみにしてますよ♪

  • 2013/02/24(日) 23:35:54 |
  • URL |
  • たび #-
  • [ 編集 ]

>たびさん
楽しめた1日でしたよ♪

ただ今回も動画とってますが帰って見てみると、似たような映像ばかりでした。(^^ゞ

ISDさんから映像が入手できたら編集してみますね。

  • 2013/02/25(月) 20:32:01 |
  • URL |
  • りぶ #bv1ffjF.
  • [ 編集 ]

天気がイマイチだったみたいですが、雪は良い感じで良かったでね!
私もやっと慣れましたが、斜面で板履くの苦手です。
私がリーシュを付ける理由の一つは、ここにあります。
板をはずす時もリーシュは一番最後に取ります。
逆は、リーシュ持って付けるか、リーシュつけてから板履きます。
板が流れていってしまっては、山では大変なことになりますからね^^;
行くうちに、だんだん要領がよくなってストレスが減りますね。

  • 2013/02/25(月) 21:44:21 |
  • URL |
  • Rei #lJHUmIJE
  • [ 編集 ]

リーシュ

>Reiさん
ピークまでいけなかったのはチョット残念でしたが、その代わり雪はよかったので、十分楽しめました。

急斜面でのアドバイス、ありがとうございます。

私は元々ブレーキのないファンスキー乗りだったので、リーシュには抵抗ないのですが、やっぱり急斜面での扱いには気を使いますね。

ちなみに私のリーシュは作り直しました。
先日の『板流し』の原因も掴めたので、もともとファンスキーに使っていた、ボード用のリーシュを改良してみました。

では~

  • 2013/02/25(月) 22:47:15 |
  • URL |
  • りぶ #bv1ffjF.
  • [ 編集 ]

チセも良さそうですね

北斜面コースと比べて、満足感はどっちが高いの?

  • 2013/02/26(火) 23:17:14 |
  • URL |
  • ken #-
  • [ 編集 ]

楽しかったですよ

>kenさん
なんせ、外人がほとんど居ないからパウダー競争率が低いです!

ゲレンデそのものは、急斜面はほとんどないので、ヒラフの白樺コースがひたすら広がっている感じですね。

一旦チセヌプリピークを目指すとするならば、標高的にエースヒルから山頂リフトまで自力で登る感じかと思います。

今回ピークまで行けなかったので、満足度は比較できませんわ(^^ゞ

  • 2013/02/26(火) 23:58:30 |
  • URL |
  • りぶ #bv1ffjF.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad