七転び八起き

札幌でトリックスラローム・フリースタイルスラロームをやっている、オッチャンの日記。

10月06日山日記(初大雪)

北海道に住んでから、かれこれ12年経ちます。
これまで色々な所に遊びに行きましたが、実は大雪山系に登った事はありませんでした。
今まで黒岳や旭岳等は、ロープウェイで上がっただけ。
まあその時は両親を連れていたので時間や装備的に登れなかったのと、紅葉を楽しむだけなら中腹で十分楽しめたので山頂まで登る事はありませんでした。

しかしスキーシーズンにBC絡みでアンヌプリを登り、その後夏にも登った事もあって、再び山にも興味を持ってきました。
装備もそれなりに整っていた事もあったので、今年の秋の紅葉シーズンは初めて黒岳に登ってみる事にしました。

当日の天気予報は、午前中雨っぽく午後に向けて回復する様だったので、予定をチョット遅らせて6:00に家を出発
道中小雨の振るなか車を走らせていましたが、層雲峡が近づくにつれて天気が回復。
層雲峡温泉に到着する頃には、スッカリ晴れていました。

9時に到着したのですが、既に沢山の車が止まってました。
まあそれでもロープウェイにはスグに乗れたので、それほど人は多くなかったのかな?

ロープウェイを降りてしばらく歩くと、登山口までのリフト乗り場につきます。
もう雨の予報はどこへやら?黒岳頂上もスッキリ見えます



黒岳の紅葉は既に7合目からこのリフト線辺りが一番見頃でした。




リフトを降りたところから、9:40登山開始です。
ココから約1時間、ひたすら登ります。


つづら折りの登山道を登ってドンドン高度を稼ぐと、眼下には素晴らしい景色が広がります



暑くて上着はザックに括りつけて登ってます
通称マネキ岩と呼ばれる岩が見えてくると、頂上まであと少し


写真の左端の真ん中辺りがリフト降り場。ずいぶんと登ってきました。


そして10:50山頂到着
道中写真を撮ったり、メールしたりしてチョット時間が掛かったかな?

写真では判りませんが、山頂はとてつもない強風..というか暴風
慌てて木陰に身を隠し上着を着て、おにぎりを食べながらチョット休憩

山頂から周りを眺めると、残念ながら雲が出てきてしまいましたが、烏帽子岳方面の中腹もキレイに色づいていまいた。手前には雪渓も残ってます。


せっかくの初大雪。
このまま下山するのはもったいないので、雲ノ平方面に足を伸ばします
下に見えるのは、黒岳石室と凌雲岳が見えます。この時点で北鎮岳は雲の中でした


黒岳石室から雲ノ平方面は、ほぼ平坦な歩きやすい道となり楽しんで散策できます。

途中、チングルマの紅葉と綿毛
この綿毛が夏は全て花だと思うと、夏の大雪も是非登ってみたいと思いますね


クロマメノキの紅葉と実


晴れたらもっとキレイだったのかもしれませんが、むしろ曇り空の方がウラジロナナカマドやウラシマツツジの紅葉がより明るく見えました。


もうチョットのお鉢平展望台まで進みたかったのですが、明らかに天気が崩れそうだったので、ココで黒岳に引き返します


帰りは追い風に押された分、ハイペースだったかな?
山頂まであと少しのところでパラパラパラッ!!とウェアに乾いた音。
大粒の雨かと思って見ると、実はアラレが降ってました。

山頂に着いたところで雨っぽくなってきたので、早々に下山開始


下山途中、先ほど降っていた雨のせいか、紅葉の上に虹が現れました

14:00下山
登山道の下山中は天気が崩れる事はなかったのですが、7合目登山口に到着する頃には下から雲が上がってきたのと、遠くから雷鳴が聞こえてきました。


リフトで降りている最中に、雨も本降り
ロープウェイ駅はもうスッカリ雲の中です

ロープウェイで層雲峡温泉まで降りると、豪雨になってました。

ということで結果的にはギリギリセーフの山行でしたが、初の黒岳登山はとても楽しかったです
次は是非夏のお花畑を見に行きたいですね。

家に帰って翌日の新聞を見るとビックリ、ちょうどあの後雪になったんですね

山の麓では雪虫もみました。
北海道の冬は確実に近づいているようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad