七転び八起き

札幌でトリックスラローム・フリースタイルスラロームをやっている、オッチャンの日記。

春の知床で雪遊び

土曜日から、知床の知り合いのところに、シーズン最後の雪遊びをしに行ってきました。

ひと言で「知床まで」と言っても、片道400km程度。休憩を入れても約7時間以上のドライブになります。

なので初日は完全に移動日
まっすぐ女満別まで移動し、あとの道中はド定番な観光名所を巡りつつ、ウトロへ
<定番その1:東藻琴の芝桜>
DSCF1540.jpg

<定番その2:オシンコシンの滝>
DSCF1545.jpg

<定番その3:エゾジカ>
>DSCF1582.jpg

チョット時間があったので、知床自然センターへ
フレペの滝からの、知床連山はいつ見ても雄大です
DSCF1564.jpg

そして、ウトロの海に沈む夕日を眺めつつ、明日に備えます
DSCF1588.jpg


日曜は目的のスノーハイク
本当はウロコで行きたかったけど、知床も雪解けが早くてスキーでの移動は無理
なので、自然センターでスノーシューを借りてスノートレッキング

目的地は羅臼湖
6年前にも行きましたが、その時は6月だったので遊歩道を移動
今回は途中まで雪があるので、スノーシューで移動です

今回は友人のジュンさんがガイドしてくれました
DSCF1186.jpg

スタート時は曇ってましたが、この辺りから晴れてきて、気持ちの良いトレッキング日和
DSCF1191.jpg

途中、ハイマツや笹薮に行く手を阻まれつつも、ルートを探ります
DSCF1195.jpg

それでも薮こぎは避けられません
DSCF1188.jpg

そして、羅臼湖手前の五の沼が見えてきました
DSCF15941.jpg

そして羅臼湖到着~
DSCF12001.jpg

帰りは安全に夏道ルートで戻ります。
四の沼には、まだ氷が残ってました
DSCF1602.jpg

三の沼から先はほぼ雪原
雄大は羅臼岳の姿を眺めつつ戻ります。
DSCF1216.jpg


知床峠に戻ってきたところで、「おかわり行きますか?!とジュンさん
峠から近いところに、火口湖というスポットがあるらしい
雪のある時期の方が行きやすいというから、行くしかないでしょ

と言うことで、おかわりトレック開始
峠からちょっと離れたところから、浅い沢沿いを40分ほど直登
DSCF1222.jpg

火口湖手前で薮こぎ(※写真は帰るときのものです)
18674949_1321796624572415_498517749_o.jpg

抜け出しました
18674980_o.jpg


そして到着
DSCF1616.jpg

DSCF1226.jpg
こじんまりした湖ですが、風情もあっていいところです

帰りの下りは、スノーシューを外してブーツ滑りでサクッと下山

スキーシーズン最後の滑り収めイベントにしたかったけど、十分雪遊びを楽しむことができました。
アテンドしてくれたジュンさん、ありがとうございました
DSCF1229.jpg
スポンサーサイト

09月19日山日記(今年の大雪は紅葉が遅い)

3日遅れの日記です。
先週の3連休の最終日19日は、恒例の紅葉登山

とはいえ今年は、台風の被害で行けるところも限られる上に、肝心の紅葉も1週間ほど遅いらしい。

なので間違いなさそうな旭岳に行ってきました。
ご一緒したのはISDさんご夫妻
RIMG0542.jpg

毎度この時期は駐車場がスグに満車になるので、前泊して始発のロープウェイ狙い
この日は快晴の予報でしたが、姿見駅は曇り
旭岳の山頂も厚い雲に覆われてます。
DSCF1093.jpg


今回も紅葉目当てなので、真っ直ぐ裾合平へ
RIMG0557.jpg

遅いと聞いていた紅葉の状況ですが、思っていたよりは楽しめました
相変わらずチングルマの赤い絨毯はお見事
DSCF11361.jpg

DSCF11511.jpg

当麻岳の紅葉も十分楽しめます。
DSCF1120.jpg

ただ、ナナカマドもまだ薄いオレンジだったし、他の木々ももっと色づくと思われるので、ピークは今週末辺りかな?

中岳温泉を経由し、中岳分岐まで登ります
DSCF1181.jpg

中岳分岐から見たお鉢の紅葉は、もう少しあとかな?
DSC_1812.jpg

ただこの日は結構寒かったので、ダウンを着込んで下山
RIMG0579.jpg
眼下に広がる裾合平は絶景です

中岳温泉まで降りてくる頃には晴れ間も出てきて、気持ちよく紅葉散策が出来ました。
DSCF12441.jpg


15:00に姿見駅に帰ってきたところで、通り雨・・ギリギリセーフ

ISDさんとは旭岳ロープウェイ駐車場でお別れ。お疲れ様でした

帰りは上富良野の馴染みのソーセージ屋で買い出し、フラノマルシェで小腹を満たしてユックリ帰宅
今年も楽しい秋の大雪でした
DSCF1148X.jpg

07月23日山日記(花の大雪)

先日の7月23日(土)
今年の大雪は雪解けが遅かった分、花がいっせいに咲いているとの情報を得て、黒岳に行ってきました
朝4:30に家を出て、7:40のロープウェイでスタート
DSC_1673.jpg

天候は曇り時々晴れ、それでいて風も強くなかったので、気持ちよく登れました。
DSCF0837X.jpg


黒岳登山道の9合目手前辺りから、ウコンウツギとエゾキンバイソウ、ウラジロナナカマドが咲き乱れ
DSCF0897.jpg

DSCF0856.jpg

DSCF0870.jpg

足下には、カラマツソウやハクサンチドリ、フウロがイッパイ
DSCF0847.jpg

DSCF0872.jpg

まさに花の回廊の中を登っていき、1時間30分で黒岳山頂到着
DSC_1677.jpg

山頂には、エゾツツジやコマクサの群落
DSCF0915.jpg

DSCF0919.jpg

DSCF0909.jpg

小休止の後、黒岳石室まで降ります
眼前に広がる、大雪の山々の雪渓が美しい
DSCF0924.jpg

小屋のオヤジさんから花の情報収集
雲の平方面は、30分程度の距離の間に、まだまだチングルマが咲いているとの事だったので、そちらに向かいます
DSCF0968.jpg

想像以上のお花畑でした
場所によってはチングルマだけでなく、キバナシャクナゲ、ツガザクラが一面に広がるエリアもあり、テンション上がりまくりのシャッター切りまくり
DSCF0971.jpg

PicsArt_07-24-094616.jpg

DSCF0977.jpg

一旦石室まで戻り、元々狙っていた北海沢方面にも、少し足を伸ばしてみました。
途中けっこう雪渓が残っていました
DSCF1007.jpg

DSCF1008.jpg

1つ目の沢まで行って折り返し。
DSCF1011.jpg

コチラも沢山の花が咲いてました。
DSCF0998.jpg

名残惜しいものの、お宿の時間の都合もあり、12:30に下山開始
帰りはサクサク下ります。
多少ガスが上がってきましたが、より幻想的な風景になりました
DSCF1014.jpg

そのまま、眼下に広がるお花畑を楽しみつつ14:30に7合目到着

今回、花の季節の大雪山に初めて行ってみましたが、噂以上の素晴らしさでした
まさに天上の花園を体感することが出来た、楽しい山行になりました
DSCF0986X.jpg

09月21日山日記(沼ノ平リベンジ)

今日はnonスケ日だったので、シルバーウィークに行ってきた山レポです

場所は沼ノ平
昨年のトレッキングで、当麻乗越からガスで全く見ることができなかったので、今年はそのリベンジ
※去年の当麻乗越から...まったく下が見えません

今年は愛山渓から直接登るルート
ネットで調べると、高層湿原という事もあってかルート中は、水溜まりやぬかるみが多いらしい。
なので、今回は長靴トレッキング

朝7:30スタート


しばらくは緩いのぼりを歩いていきます。
前日の雨の影響か、すでにこの辺りでも水溜まりが多くあります。


そして渡渉ポイント
本来なら簡易の橋が渡されているはずが、7月に流された模様
幸いコッチは長靴なので、ジャブジャブ渡ります。


ここからしばらく、つづら折りの急登が続きます。

今回のトレッキングの前に、長靴で円山を登ってみたのですが、やはりこちらの方が岩場も多く、靴底の薄い長靴では足が疲れます。

普段よりユックリ目に登っていくと、つづら折りは終わり緩やかな登りに変わります。
この辺りまで登ると周りの木々は緑から黄色に変わり、道が明るくなっていきます。





そして沼ノ平に到着


多少は雲があるものの、水面に映る青空と紅葉が見事です。
昨年の裾合平よりも標高が低いせいか、タケカンバの黄葉が多いですね。


ここからは、木道と比較的平坦な道を歩きながら、沼と紅葉を楽しみます。




沼を通り過ぎると、去年断念した当麻乗越が遠目に見えます。

本当なら当麻乗越まで行きたいところでしたが、結構足も疲れていたのでその手前の眺望の良い岩場で休憩
ここからでも、旭岳や裾合平方面を望むことができます。

軽くおにぎりをほおばった後は、もと来た道を戻っていきます。

14時30分、無事に駐車場に戻ってきました。
休憩中していた別のバーティーのおじさんが「もう紅葉も下火だねぇ」と行ってましたが、十分楽しめました山行でした



それにしても、やっぱり長靴は疲れますね。
もともと入っていたインソールより厚手のものを入れたのですが、やっぱり登山靴には敵いません
次に機会があるときは、対策してみたいと思います

さて来週はもう10月
次はニセコ方面の紅葉に期待ですね。

9月14日山日記(最高の景色♪)

チョット遅くなりましたが、9月14日は旭岳に紅葉を見に行ってきました。
その前の週に行った銀泉台も、素晴らしい紅葉でしたが、今回の旭岳は今までで最高の景色を見る事が出来ました。

前日に旭川に泊まって、朝6時に旭岳ロープウェイ駅に到着
6:15の2番箱に乗る事が出来ました


姿見駅は晴天。しかしちょっと肌寒い


目の前には朝日をバックにした旭岳と一面色づいた紅葉の景色が広がります


普通なら、このまま旭岳山頂目指すのが王道なんでしょうけど、今回も紅葉が目的のりぶ家。
名所の裾合平に直行します


やはり結構冷え込んだ事もあって、道端の木々には霜がおりてました




約1時間30分で裾合平分岐に到着




そのまま、中岳温泉方面に向かいます


本当に色鮮やかな色彩の中を歩いていきます




両脇には、チングルマがまるで絨毯のように広がります




少しずつ高度を上げていきます





鼻につく硫黄臭が、温泉が近づいている事を知らせてくれます。


中岳温泉に到着。
ココを目的地にしている人も結構多いようで、足湯に浸かる人が大勢いました。


しばし休憩のあと、せっかくなのでお鉢が見える中岳分岐まで登る事に


温泉から一気に急登になりますが、高度を上げていっただけ絶景を楽しむ事が出来ます。


予想より長く掛かりましたが、10:00 中岳分岐に無事到着
旭岳方面から、大勢の登山者が下りて来てました


予想通りお鉢の紅葉もキレイでしたね。


遠くに見える黒岳には、大勢の人が登っているようでした


裾合平方面に振り返ると、これまた絶景です




ここで昼食をとって、同じ道を下ります。
下っている間に、少しずつガスが上がってきて旭岳に掛かってきました


裾合平分岐まで戻ってきた所で、そのまま姿見駅まで戻る予定でしたが、気になるガスも思ったほど上がってこないので、沼ノ平方面まで足を伸ばすことに

コチラも裾合平に負けないほどの美しい紅葉が広がってました






途中、沢なんかもあって、チョットした冒険気分




結構疲れてきてましたが、とりあえず沼ノ平が見渡せる当麻乗越を目指して歩いていきます。
高層湿原らしく、沼もいくつか出てきました。


12:50 ようやく当麻乗越に到着しましたが...

ガスで全くなにも見えません

今回だけで、いいところ全部見ようってのが虫が良すぎたかな?
沼ノ平はまた来年ですね。

しばらく休憩したあとは、ここから姿見駅まで戻ります。



霧の中の紅葉も神秘的ですね


途中、裾合平分岐で休憩して、15:15に無事姿見駅到着

ココに着くころには、もうほとんど真っ白で景色はほとんど見えませんでした。

活動時間は約8時間。行程約15kmと、りぶ家にとっては過去最長
とても疲れましたが、りぶ家が北海道に来てから、一番の紅葉を楽しむ事が出来ました。


FC2Ad